スポンサーリンク 2014-03-04 吉田松陰は1859年に処刑される前に『留魂録』という遺書を書いている。同じ内容の遺書を二通書き上げて、一つは一緒の牢獄にいた沼崎吉五郎という人物に預けた。彼は褌のなかにそれを隠して・・・