スポンサーリンク 2015-08-10 鶴見良行『バナナと日本人』(岩波書店)は示唆に富んだ本である。再読したが、内容は古くはならず今でも読む価値のある本である。とにかく、鶴見は足で稼いだ知識で、自分の目と耳で調べている・・・