スポンサーリンク

2015-07-02

フィリピンの歴史を研究する人間にとって、Emma Helen Blair、 James Alexander Robertsonの二人が編集したThe Philippine Islands, 1493-1898は非常に貴重な本である。1巻から55巻まである。自分は昔、フィリピンの古本屋(Heritage Bookstore)でこの本を見つけた時はとても嬉しかった。大枚をはたいて購入して、日本に送ってもらった。そして、重宝して、いくつか論文を書くときに参考にした。

先日、アマゾンのkindle本を見ていたら、この本が無料で提供されていた。驚いた!大変な分量の本が無料で、しかもあの薄いkindleの中に収めることができる。便利な世の中に生まれたものだと感心をする。いまに、歴史研究は非常に簡単になるだろう。すべての関係する文献がkindleに収まってしまう。それを見ながら、引用も簡単である。単にコピーすればいいのであるから。自分が30年ほど遅く生まれていればいい研究ができたのにと思う。

さて、自分は Antonio de Morga のHistory of the Philippine Islands を読んでみたい。アマゾンでみると3種類の本が可能なようだ。3人がスペイン語から訳したようだ。まだ、きちんとチェックしていないので「ようだ」としか言えないが。とにかく、これを読んでみることを楽しみにしている。もしかしたら、スペイン語の原典もkindle であるかもしれない。調べてみたい。アマゾンの本の広告を下に貼り付けておく。

DSCN4536