スポンサーリンク

2016-07-13

昨日の産経新聞は以下のように報じている。

南シナ海をめぐる中国の主張や行動は国連海洋法条約違反などとしてフィリピンが申し立てた仲裁手続きで、オランダ・ハーグの仲裁裁判所は12日、中国が「歴史的権利」として主張する「九段線」について国際法上の根拠は認められないとの裁定を公表した。

当たり前だろうな。下の図が示すように、赤い線の内部は自分の領域だと中国の主張はあまりに露骨で常識はずれであることは明白だ。

20130111204955

ABS-CBN News なども一面勝利だと喜色いっぱいである。だが、さて次の段階はどうするのかという点だ。外相のパーフェクト・ヤサイは、自国には中国を排除するだけの力はないとはっきりと認めている。

今後のフィリピンの外交戦略は他の諸国と共同で粘り強く中国に撤収を働きかけていくことだ。フィリピンの漁民たちは、ながらく沖合で漁業で生計を立てていた。ところが、とつぜん、中国は沖合の島を自国の島だと言いはって、近くで漁業していたフィリピンの漁民たちを追い払った。フィリピンの漁船が漁をしていると、散水銃で追い払う。その図々しさ、厚かましさは驚くほどである。

ただ、中国の国民は何も知らされていない。メディアは完全に国にコントロールされていて、一方的な情報しか与えられない。普通選挙は行われずに、民主主義が機能しない国なのである。ですので、中国の国民は自国が不正の犠牲になったと思うのだろう(戦前の日本のようなものだ)。

解決策としては、中国に民主主義がいつ根付くのか、その日を待つしかないであろう。国際社会は粘り強く中国の民主化を待つだけなのか。

中国から外国へ多くの人が移住したがる、しかし、逆の外国から中国へ移譲したがる人は皆無である。これは何よりも中国での生活の現実を示しているのだ。

スポンサーリンク