スポンサーリンク

2014-12-20

フィリピンは長らく土葬が一般的であったが近年は火葬も普及しつつあるようだ。Angelo Castro jr. はABS-CBN放送の有名なアンカーマンであった。ヘビースモーカーであり肺がんで66歳で亡くなった。彼の遺志で火葬した。火葬のあと池のそばで灰の入った壺が置かれた。彼は魚の泳ぐ池を眺めていたかったようだ。

妻もガンで2年後に亡くなった。そこであらためて正式の墓地に夫は火葬で、妻は土葬で一緒に埋葬されたとのことである。火葬が世界的に広まりつつある。